お知らせ

七日法要

6月の月例供養式を開催いたしました。

いつものようにご供養の式と精進料理です。

職員も同席しながらのお昼ですが、

「いつもブログみています」

ととてもうれしいお言葉。

頑張って更新しなければ、と思いを新たに。

P1140110

さて、いつものお昼には僧侶と職員による精進料理を

ふるまっている次第ですが、そのお作法について。

真光寺では禅修行で僧侶が口にする精進料理と作法を簡略化して

体験していただいています。「いただきます」の前にお経を少し。

「五感の偈」というお経(正確には偈文)になりますが、

この食事が何のためかを短いお経でお勉強します。

P1140125

一 功の多少を計り彼(か)の来処(らいしょ)を量(はか)る。
二 己が徳行(とくぎょう)の全欠を[と]忖(はか)って供(く)に応ず。
三 心を防ぎ過(とが)を離るることは貪等(とんとう)を宗(しゅう)とす。
四 正に良薬を事とすることは形枯(ぎょうこ)を療(りょう)ぜんが為なり。
五 成道(じょうどう)の為の故に今この食(じき)を受く。

なんとなく、意味がお分かりいただけるかと思います。

さて、毎回、初体験の方を驚かせるのはお片付けです。

禅寺では食事の済んだ器にお湯を注ぎ、器(応量器とよばれるスタックできる便利な器)

を全てきれいにタクアンでこそぎ洗います。

真光寺ではお茶をご準備していますので、皆さまにはお茶で

洗ってみる体験をおすすめしております。

「あら、タクアンたべちゃった」

との声が響くなか、つぎつぎに洗いながら最後にお茶を飲み干します。

この味が、おいしいとは無縁のなんともいえない、妙味となり、

調味料の不思議を思いながらごちそうさまとなります。

毎月のことながら、食事をきちんといただくことで

日々の暮らしがリセットされる瞬間です。

精進料理は七日法要の他にも

聖典講読の会、戒名を考える会で味わうことができますので、

是非ご参加ください。

 

 

 

 

バス見学会・説明会のご予約はこちらから

真光寺の樹木葬墓苑はいつでもご覧になれます。東京駅、千葉駅から直通バスでご案内する
便利なバス見学会も毎月ございますので、是非ご利用ください。

バス見学会の行程表や詳細はこちらから


東京駅発:

11月11日(土)

千葉駅発:

11月12日(日)


・樹木葬・自然葬・散骨に関する一般的なご質問も受け付けます。
・法事・お葬式など仏事に関する一般的なご質問も受け付けます。
・ペットの埋葬をご希望の方はお問い合わせください。
・改葬をご相談したい方はお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

曹洞宗瓦谷山真光寺 縁の会事務局(受付時間9時〜17時)

電話番号:0438-75-7365

ページの先頭へ