お知らせ

団参旅行2

団参旅行は二日目を迎えます。

この日、一行は青森市内へと移動。

途中、国の指定名称、天然記念物の仏ヶ浦と

マグロで有名な大間をめぐる旅となりました。

この日、天気はあいにくの雨

P1030269

仏ヶ浦はこの地域の地質がもたらした奇岩の風景です。

巨大な岩が屏風上に折り重なり、あるものは人の顔、

あるものは鶏の形とさまざまな見え方をします。

この岩の風景もさることながら、天気が良ければ周辺の

海洋がエメラルドグリーンに透けて見え南国情緒ある

不思議な場所ということでした。

DSC04450

しかし、この日は悪天。

千葉でいえば勝浦よりもっと透き通った海が迎えてくれましたが、

残念ながら南国情緒とはいきませんでした。

透けた海に見える黒い点々は全てウニです。

「何ウニ?」「いくらぐらいになるかな?」「穫れるかな?」

と昨日の恐山の教訓は忘れ、欲にまみれる一行。

 

一行は雨にも負けず、一路大間へ。

大間といえばマグロ、マグロといえば大間な訳なのですが、

旅行の直前の打ち合わせにて・・・

我々「大間ではマグロですよね。」

代理店「・・・大間にマグロいないっすよ。」

我々「えっ??みんな楽しみにしてますよ。」

代理店「マグロはすぐに築地いっちゃうんで、大間にマグロいないっすよ。」

我々「・・・・・・」

の言葉を真に受けた一行はあまり期待せずに大間に上陸しました。

 P1030273

現地はときおり豪雨に見舞われます。

確かにマグロは200キロ前後のものはすぐに築地に運ばれるそうです。

しかし、大間では観光客用に小さな露店がいくつもあり、

築地に行かなかった小ぶりのマグロを提供していました。

客引きさんの

「みんな中にいるよ~。」

という日本人殺しの呼び込みにつられてみんな中へ入っていきます。

何とか大間のマグロにありつきながら、お土産ものを仕込みます。

 

この日、下北半島の最北端から

青森市までバス移動を果たし、浅虫温泉に宿をとって最終日をむかえます。(つづく)

P1030293

宿では津軽三味線のライブを楽しみました。

 

 

バス見学会・説明会のご予約はこちらから

真光寺の樹木葬墓苑はいつでもご覧になれます。東京駅、千葉駅から直通バスでご案内する
便利なバス見学会も毎月ございますので、是非ご利用ください。

バス見学会の行程表や詳細はこちらから


東京駅発:

3月26日(日)4月1日(土)4月4日(火)満席4月23日(日)


・ペットの埋葬をご希望の方はお問い合わせください。
・改葬をご相談したい方はお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

曹洞宗瓦谷山真光寺 縁の会事務局(受付時間9時〜17時)

電話番号:0438-75-7365

ページの先頭へ