お知らせ

お盆のはなし

お盆はまぎれもない宗教行事ですが、「お盆休み」といえば

昔からの習俗としてほとんどの企業でお盆の時期に夏休みを設定しているようです。

無宗教という方が増えてきてはいますが、それにこだわらず

この時期、帰省され親戚一同の団欒という方も多いのではと思います。

真光寺のお盆行事の様子

お盆の語源はサンスクリット語の「ウラバンナ」から来ています。

お盆を盂蘭盆(うらぼん)と呼ぶのはここから来ています。

「ウラバンナ」は「さかさに吊るされた激しい苦しみ」という意味です。

ご先祖が帰って来て、みんなでお祭りするという優しいイメージからはかけ離れた意味で衝撃です。

お釈迦様の時代、そのお弟子の目連尊者が、亡くなった母親を忍べく「神通力」

にて死後の世界を覗き見たとき、母親が餓鬼道の世界にいて、大変な苦しみに見舞われている様子を

目にされました。このことをお釈迦様に相談されたところ、お釈迦様は次のように言われました。

「多くの僧侶が修行を終える7月15日に出来る限りの食べ物や飲み物を用意して、修行僧を心から供養をしなさい。」

この教えの通りにした目連尊者は母親の救われる姿を見て、毎年供養を続けることなり、

これがお盆のはじまりだとされています。

この餓鬼という存在、今を生きる人たちも次のようなことから優しさを失い、

苦しみに見舞われるとお釈迦様は解いています。

貪(どん) 欲深な心

瞋(じん) 怒り、憎しみの気持ち

癡(ち)  愚かさ

これを三毒と呼び、人を幸せな人生から遠ざけるものと考えています。

目連尊者のエピソードはお盆はご先祖をお招きするということにとどまらず、

三毒に侵されず、ご先祖に対しても恥ずかしくない人のありようを実践する機会であること

を示しています。

バス見学会・説明会のご予約はこちらから

真光寺の樹木葬墓苑はいつでもご覧になれます。東京駅、千葉駅から直通バスでご案内する
便利なバス見学会も毎月ございますので、是非ご利用ください。

バス見学会の行程表や詳細はこちらから



・樹木葬・自然葬・散骨に関する一般的なご質問も受け付けます。
・法事・お葬式など仏事に関する一般的なご質問も受け付けます。
・ペットの埋葬をご希望の方はお問い合わせください。
・改葬をご相談したい方はお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

曹洞宗瓦谷山真光寺 縁の会事務局(受付時間9時〜17時)

電話番号:0438-75-7365

ページの先頭へ