お知らせ

干柿づくり

大人気イベント、自然学校の干柿づくりの模様です。

職員の説明をうけていよいよスタート。

お寺でご準備した柿をむいていきます。

むきむき。

干柿作りの工程は

①まず、ヘタを残した渋柿を準備します。(ここが一番難しいかも?)

②皮をむきます。

③シュロの葉を細く咲いて、干柿のヘタに結び付けます。

(柿をつるすことのできる紐であればなんでもよいです。)

④熱湯につけて、消毒をします。(焼酎につける方法もあります。)

風通しの良いところに干しておきます。

と、簡単にいえば、剥いて、消毒して、干すというもの。

このとき、外気が温かいとカビやすくなるので

干柿の名産地は冷え込みが厳しい地方が多いようです。

千葉は温暖なので、カビが発生しやすくなります。カビが生えたばかりのさいには

焼酎などで拭きとることができるそうです。注意深く観察してあげる

ことも干柿づくりには欠かせない工程です。

 

バス見学会・説明会のご予約はこちらから

真光寺の樹木葬墓苑はいつでもご覧になれます。東京駅、千葉駅から直通バスでご案内する
便利なバス見学会も毎月ございますので、是非ご利用ください。

バス見学会の行程表や詳細はこちらから


東京駅発:

1月27日(土)

千葉駅発:

1月28日(日)


・樹木葬・自然葬・散骨に関する一般的なご質問も受け付けます。
・法事・お葬式など仏事に関する一般的なご質問も受け付けます。
・ペットの埋葬をご希望の方はお問い合わせください。
・改葬をご相談したい方はお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

曹洞宗瓦谷山真光寺 縁の会事務局(受付時間9時〜17時)

電話番号:0438-75-7365

ページの先頭へ