トップページへ戻る

お知らせ

春のさきがけ 花三種

蝋梅(ろうばい)

その名の通り蝋細工のような半透明で黄色い花が咲いています。

小ぶりの花に近づくと、はっとするような甘く芳しい香り。

蝋梅は、水仙や梅と同じく晩冬を代表する花です。

もう間もなく、春が訪れることを告げています。

 

河津桜

オオシマザクラとカンヒザクラの自然交配で生まれたとされる早咲きの桜で、

毎年2月初旬から花が咲き始めます。濃いピンクの花ですが、

今はまだ蕾もかたく、一分咲きにもなっていません。たぶん、

見頃の七〜八分咲きは2月中旬になりそうです。

花の時期が長いので、満開になってもしばらくのあいだ楽しめます。

 

日本水仙

よく「房総半島 花の旅」なんていうタイトルのバスツアーやテレビ番組をみかけます。

房総半島の花栽培が盛んになったのは、江戸時代安政年間に今の鋸南町

(一昨年の台風で大きな被害が出たエリア)で栽培された日本水仙が、

江戸の町に船で出荷され人気となったのが始まりだそうです。

品のよい香りと楚々とした姿に癒されます。

3種類とも樹木葬墓苑のどこかに隠れています。

宝さがしのようなお散歩をお楽しみください。

バス見学会・説明会のご予約はこちらから

真光寺の樹木葬墓苑はいつでもご覧になれます。東京駅、千葉駅から直通バスでご案内する
便利なバス見学会も毎月ございますので、是非ご利用ください。

バス見学会の行程表や詳細はこちらから


見学会の日程は準備中です。

・樹木葬・自然葬・散骨に関する一般的なご質問も受け付けます。
・法事・お葬式など仏事に関する一般的なご質問も受け付けます。
・ペットの埋葬をご希望の方はお問い合わせください。
・改葬をご相談したい方はお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

曹洞宗瓦谷山真光寺 縁の会事務局(受付時間9時〜17時)

電話番号:0438-75-7365