真光寺 新書院建設日記 型枠脱枠

P1070196

P1070194

天気のいい日に、長いこと養生していた1F部分のコンクリート型枠が全て外れました。

 

P1070205

P1070207

P1070215

 

外部配管、配線、コンセントを取り付ける場所にはあらかじめ穴をあけております。

型枠を外すとこの通り、あとはほぼ器具を取り付けるだけの状態です。

 

P1070219

P1070220

仏殿方面から書院を眺めた風景です。

写真ではわかりにくいですが、既存の建物の間から新書院がちらちら見えるようになりました。

伽藍内の風景も季節と共に刻々と変化しております。

 

合掌

 

目次
閉じる